多摩川梨とは?

『多摩川梨』という呼称は組合により商標登録をされ、知る人ぞ知るブランド梨として人気があります。

多摩川の沿岸は、水はけの良い土壌のため、水分が多すぎると甘くならない梨の栽培には非常に適していたため、古くから梨の栽培が盛んでした。大正の頃は川崎地区は関東の梨の一大産地でした。
やがて川崎地区の工業地区開発に伴い、梨園が減っていきますが、一方、梨栽培は多摩川を遡上して、稲城、府中、国立、昭島地区まで広がっていきました。

その後、多摩川沿いの梨栽培の組合が一致団結し、生産.販売を行うことになり、「多摩川梨」ブランドが誕生し、天皇、皇后両陛下に献上されるまでに知られるようになりました。

しかし、戦争による食糧事情のひっ迫により、梨は作付統制令により、不急不要作物に指定され、伐採を余儀なくされ、ほとんどが壊滅しました。

その後も「多摩川梨」を復興させようと努力しましたが、高度経済成長による都市化などで栽培面積の減少、後継者問題などにより生産農家は増えず、希少な梨になっていますが、今も根強いファンに支持されています。