梨のおいしい食べ方

梨はそのまま皮を剥いて食べればよいのですが、ちょっとした工夫でより美味しく食べられます。宮﨑園が考える梨の美味しい食べ方についてご紹介致します。

野菜室で冷やしてから食べて下さい。

梨は冷やした方が断然美味しいです!しかし、あまり冷たいと舌が甘みを感じにくくなってしまいますので冷やし過ぎにご注意下さい。

皮は薄く剥いて、芯は大きく取って下さい

梨は皮の近くが美味しくて、芯の近くは苦みと酸味で美味しくありません。せっかくの果物ですので、もったいないと感じるかもしれませんが芯は大きく取って下さい。
(図が入る)
この美味しくない所を全て取る。

梨が大きくて食べきれないとき

残った梨の切り口にラップを貼って冷蔵庫で保管して下さい。

「固い」「すっぱい」と思ったら

食べ頃を出荷していますが、どうしても個体差があります。固い、酸っぱいっと感じたら、後日、召し上がって下さい。時間が経つにつれて実は柔らかくなり、酸味は消えて行きます。

*上記はすべて園主の主観に基づくものです